DSC01653.jpg

歓喜院聖天堂(本殿)

2012年に新たに指定された比較的新しい国宝建造物です。

埼玉県としては初めての国宝です。

治承3年(1179)の創建

地元では、妻沼(めぬま)聖天山(しょうてんさん)で親しまれている。

奥殿は多彩な彫刻技法が駆使され、

漆塗ぬりや金箔押などによる極彩色を施してきらびやかに飾る。

豪華絢爛の建造物です。

埼玉県文化遺産「国宝 歓喜院聖天堂」について

DSC01725.jpg